アメリカ出張が多いならTASロック付きのキャリーケースがいいってさ

tas_lock私の友人で、グアムはアメリカだということを知らない人がいた。その友人は「金沢県」とも言っていたので、よほど地理に弱いんだと思う。まあグアムなんてアメリカより日本の方が近いし、「石川」よりも「金沢」の方が有名だから、どちらもわからなくはないけれど。そんな彼が今度アメリカに出張することになったそうで、私は何だか心配になった。地理の弱い彼がアメリカ本土に行ったりして大丈夫なんだろうか。ボストンがドイツにあると本気で思っていた彼が、何事もなく無事で帰ってこれるとはとても思えなかったのだ。初出張、初海外、初飛行機。そんな彼の行先がテキサス州アーヴィングだなんて、無謀にもほどがある。

出張の準備をしているという彼から、キャリーケースはどんなものがいいかというアドバイスを求められた。アメリカに行くなら、普通にスーツケースに付いているカギでは壊されてしまう。9.11以降テロ対策のためにセキュリティチェックが厳しくなっているので、カギのかけられた荷物はすべてロックを切断されたり破壊されたりしてしまうし、そうされても文句は言えない。だから今ではTSAロック付きのものが主流である。

TSAロックとは、TSA(アメリカ運輸保安局)によって認可・容認されたロックで、そのロックならばTSA職員がそれ専用のカギで開閉してくれるので、スーツケースやキャリーケースを壊される心配がないのである。これからテキサスへ出張することが多いならば必須だし、テキサスは暖かいのでそれほど厚手の服も必要ないからキャリーケースで十分だろう。そう思った私は「アメリカ出張が多いならTSAロック付きのキャリーケースがいいってさ」とアドバイスした。彼は私のアドバイス通りのものを買ったそうだ。

そして先日、渡米したと連絡が入った。彼が迷わずに無事に帰ってこれますように…と祈らずにはいられない。